ゴールドカード比較サイト。プラチナカード・ブラックカードも紹介。ゴールドカードの上手な選び方・使い方をアドバイス。
  My Yahoo!に追加

スポンサードリンク

三井住友VISA

三井住友VISAゴールドカードの家族会員

ゴールドカードの家族会員は使いこなせば実はメリット大
なのです。是非活用してください。

ゴールドカードの家族会員は、通常少ない年会費で本会員と同等の
サービスを受けられることが多いのですが、この三井住友VISAゴールド
カードでも同じサービスが受けられます。

具体的に言うと

 最高5,000万円の海外・国内旅行傷害保険(自動付帯)
 年間300万円までのお買物安心保険
 国内航空便遅延保険

などの保険が適用され、空港ラウンジなどのサービスも同じように
受けられます。
詳細は「三井住友VISAゴールドカードの保険詳細」などご覧下さい。


注意したいのは、家族会員にこちらから申し込んで加入していなければ、
このようなサービスは全く受けられないということです。ご注意下さい。

ゴールドカードは1名まで無料で家族会員が登録できますので忘れずに
申し込んでおくと良いと思います。
なお、2人目からは1050円となっていますが、登録初年度は無料、2年目
以降も年に3回以上家族カードを利用していれば無料になります。


それから、三井住友VISAゴールドカードの家族会員については、引き落とし
口座を選べることが出来ます。

具体的に言うと

  1、本会員の口座から家族会員の利用代金を引き落とす「一般型」
  2、本会員とは別の口座から家族会員の利用代金のみを引き落とす
    「パーソナルアカウントタイプ」

の2種類です。

「一般型」は生計を共にする配偶者、満18歳以上の子供(高校生を除く)、
両親を家族会員にすることが出来ます。本会員の口座から合算して引き
落としとなりポイントも合算で貯められます。

それに比べて「パーソナルアカウントタイプ」の場合は家族会員の要件と
して、本会員の配偶者、または満20歳以上で自身に安定した収入のある
子供、両親が対象となります。
支払い口座を家族会員の口座にするので、家族会員自体も審査の対象と
なるわけです。
ポイントは本会員、家族会員別々に貯めることが出来ますし、もちろん合算
して特典を請求することも出来ます。

是非家族会員のメリットを利用してより充実したサービスを受けましょう!

三井住友VISAゴールドカード


次の三井住友VISAゴールドカードのその他へ進む

【「三井住友VISAゴールドカード」比較の注目点】に戻る
  


スポンサードリンク

【ゴールドカード比較キーワード】 年会費1万円以上  年会費1万円未満  ステイタス欲しい  即日発行  車利用多い  ヤングゴールド  初年度年会費無料ゴールド  独身女性向け  キャラクター付  女性向け
【ゴールドカード名(年会費一万円以上)キーワード】
三井住友VISAゴールドカード  JCBゴールドカード  NICOS(ニコス)ゴールドカード  アメリカンエキスプレスゴールドカード  アメリカンエキスプレスカード  シティゴールドカード  UFJゴールドカード  JCBドライバーズプラスカード  ノースウエスト/シティワールドパークスVISAゴールドカード JAL JCB CLUB-Aゴールドカード  アメリカン・エキスプレス ビジネスゴールドカード  <<セゾン>>プラチナアメリカンエキスプレスカード  三井住友VISA一体型ETCゴールドカード  ANAカード ワイドゴールドカード JCB   ANAカード ワイドゴールド VISA (三井住友提携)  DCゴールドカード  ダイナース・クラブ・カード  ノースウエスト・ワールドパークス/ダイナース・クラブ
【ゴールドカード名(年会費一万円未満)キーワード】
三井住友VISAゴールドカード20's UFJヤングゴールドカード DCゴールドカード ヴァン セゾンアメリカンエクスプレスカード UFJスヌーピープレミオカード イオンゴールドカード シティエリート 東急TOPゴールドカード 東急ClubQポイントTOPゴールドカード MTV シティ ゴールドカード



2006年04月03日 14:08

ゴールドカード比較サイト。プラチナカード・ブラックカードも紹介。ゴールドカードの上手な選び方・使い方をアドバイス。