ゴールドカード比較サイト。プラチナカード・ブラックカードも紹介。ゴールドカードの上手な選び方・使い方をアドバイス。
  My Yahoo!に追加

スポンサードリンク

ゴールドカードの審査基準

ゴールドカード発行会社の種類とカードの格付けA

ゴールドカード発行会社の種類とカードの格付け@の内容を踏まえて、ゴールドカードの個々の格付けを考えてみたいと思います。尚、「格付けが高い」=「審査が難しい」と考えていただいてかまいません。

とはいえ、比較には多種多様な見方がありますし、審査にしても個々によって状況が違うと思いますので、ここでは当サイトの主観的な意見も混じっておりますことご了承下さい。

一般カードから審査が甘い(と思われる)順に記載していきます。


1、消費者金融系のクレジットカード

欲しいカードの審査が落ちるけれど、どうしてもクレジットカードが欲しいという場合はこれらの一般カードからはじめるといいでしょう。ただ、初めてのクレジットカード取得がコレ、というのはおすすめできません。(もちろん延滞情報がある方はこのカードも作れません)


2、流通系クレジットカード(一般)

セゾンカードやイオンカードに代表されるようなスーパー系のカードですね。一般カードであれば、主婦やフリーターなどにも積極的に拡販しているので通りやすいでしょう。ただ、勤務先情報や自宅連絡先などはしっかり記入してください。カード会社は本人に連絡を取れない状況ではカードを発行しません。例えば「この電話は現在使われておりません」などであれば、即アウトです。  


3、銀行系・信販系一般カード

現在はかなり審査がゆるくなってきています。ただ、ここも在籍確認などはかかってきますのでしっかり記入しましょう。事故情報がなく、勤務していることが確認されればまずOKでしょう。


4、信販系ゴールドカード

ここからはある程度カードを作る際に条件があります。ただ、事故がなく、年齢が基準に満たしておればそう心配することではありません。他社などで一般カードをそこそこ利用している履歴があればOKでしょう。ただ、他のカードを沢山持っている人はゴールドカードを持っているために与信額の合計がオーバーすることもあるので注意しましょう。
ニコスカードは信販系にしては厳しい目だという話もあります。


5、銀行系ゴールドカード

銀行系も年齢など条件を満たしており、事故情報がなければ基本的にはOKなのですが、あまり低いステイタスのカードを沢山所持していると(サラ金系カードなど)多重債務者予備軍などと思われる可能性も無きにしもあらずです。すっきり整理してから審査に望みましょう。また、出来れば同じ会社の一般カードからゴールドカードにグレードアップすると、審査も通りやすいです。(普通にネットなどで今使っているカード会社のゴールドカードを申し込んでも、カード会社には顧客情報として今の一般カードの利用状況がストックされているので問題ないです)
銀行系ヤングゴールドカードを持っていれば、30歳になれば自動的にゴールドカードにランクアップされます。そちらの方が審査もゆるいので、長く使う方はヤングゴールドから加入するといいかもしれません。


6、アメックス緑カード→アメックスゴールドカード

大体5の銀行系ゴールドカードと同程度だと思います。
昔はかなりステイタス度が高かったのですが、最近はそれほどでもなくなっています。特にアメックスグリーンカードは20歳以上の方、となっているので入社数年の方だと大丈夫なことが多いようです。
アメックスゴールドカードは25歳以上の方、となっています。
ただ、入社したての方などは年齢がクリアされていても厳しいです。
それから、他のカードに比べて最初のクレジットカード枠の金額は厳しい目に設定されています。もちろん個々人によってスタート金額は違いますが、最低だと40万円です。

アメックスは、クレジットヒストリーがない人(今までクレジットカードを持ったことがない人)に対しては、かなり厳しいです。これはアメックスがアメリカの会社だからでしょう。(アメリカではクレジットヒストリーがない人はカードをほぼ作れません)そういう方は、銀行系のゴールドカードを申し込むか、まずは一般カードでクレジットヒストリーを積んでからお申し込みください。


7、ダイナースクラブ

持ち家条件などが提示されており、ステイタスの高いカードです。知る人ぞしる通なカードとして、特に高級ブランド店や飲食店などではかなり認知されています。
ただし、たまにキャンペーン時には27歳〜と年齢制限が下がる場合もありますし、持ち家必須となっていますが賃貸の方も多く審査に通っていますので、今まで特に問題ない方であれば申し込んでみる価値はあります。
あとは、このダイナースクラブは専門職(弁護士や医者)のクラブから始まったので、そのような職についている人はかなり年齢が下でも、また年収が下でも通るという話もあります。


8、アメックスプラチナ

アメックスゴールドを持つ人の中から選ばれた人にインビテーションのカードが送られて来ます。それがなければ基本的には入れません。ただ、最近はアメックスゴールドをメインカードに数年頑張ればインビテーションが送られて来るという噂もちらほら聞きます。海外旅行に頻繁に行く方はメリット高いです。


9、ザクラス(JCB)、VISAプラチナなど

これらもそれぞれJCBゴールド、三井住友VISAカードゴールド、を所有している人の中からインビテーションが送られてくるとのことです。特にザクラスはあまり知られてはいませんが、使える特典が多いと人気が高いことで有名です。サラリーマンであればこのクラスぐらいが精一杯でしょう。


10、ダイナースブラック

ダイナースカードのブラックカードです。かなりな額を利用しないと(年間5百万以上?)インビテーションが来ないとのことで、サラリーマンなどでは例え出張費立替作戦などでも無理そうです。会社経営や専門職(医者、弁護士など)の方が主なのでしょうね。100万円ごとに倍づけポイント、ホテル無料アップグレードなどいろいろなメリットがあります(その分会費もすばらしいですが)


11、アメックスセンチュリオン(通称 アメックスブラック)

幻のカードといわれています。加入者は日本で数千人とも言われておりその真相は藪の中ですが。あまりに身近に会員であるという話を聞かないせいか、今は会員を募集していないと言われたり、本当に謎です。


クレジットカードを作るときは、基本的に審査の厳しいカードから順に申し込んでいく、というのが鉄則です。クレジットカードを申し込んだ形跡は6ヶ月は確実に信用情報に残りますので、後で申し込んだカード会社に他でカードを申し込んだことが分かってしまうからです。

また、年に3回以上申し込むのも多重債務者と思われがちなので注意しましょう。


スポンサードリンク

【ゴールドカード比較キーワード】 年会費1万円以上  年会費1万円未満  ステイタス欲しい  即日発行  車利用多い  ヤングゴールド  初年度年会費無料ゴールド  独身女性向け  キャラクター付  女性向け
【ゴールドカード名(年会費一万円以上)キーワード】
三井住友VISAゴールドカード  JCBゴールドカード  NICOS(ニコス)ゴールドカード  アメリカンエキスプレスゴールドカード  アメリカンエキスプレスカード  シティゴールドカード  UFJゴールドカード  JCBドライバーズプラスカード  ノースウエスト/シティワールドパークスVISAゴールドカード JAL JCB CLUB-Aゴールドカード  アメリカン・エキスプレス ビジネスゴールドカード  <<セゾン>>プラチナアメリカンエキスプレスカード  三井住友VISA一体型ETCゴールドカード  ANAカード ワイドゴールドカード JCB   ANAカード ワイドゴールド VISA (三井住友提携)  DCゴールドカード  ダイナース・クラブ・カード  ノースウエスト・ワールドパークス/ダイナース・クラブ
【ゴールドカード名(年会費一万円未満)キーワード】
三井住友VISAゴールドカード20's UFJヤングゴールドカード DCゴールドカード ヴァン セゾンアメリカンエクスプレスカード UFJスヌーピープレミオカード イオンゴールドカード シティエリート 東急TOPゴールドカード 東急ClubQポイントTOPゴールドカード MTV シティ ゴールドカード



2006年01月30日 15:35

ゴールドカード比較サイト。プラチナカード・ブラックカードも紹介。ゴールドカードの上手な選び方・使い方をアドバイス。