ゴールドカード比較サイト。プラチナカード・ブラックカードも紹介。ゴールドカードの上手な選び方・使い方をアドバイス。
  My Yahoo!に追加

スポンサードリンク

ゴールドカードお薦め比較

ステイタスで選ぶゴールドカード

ステイタスのあるゴールドカードとは


ステイタスのあるゴールドカードとは、人々があまり持っていない、とか希望しても持てないゴールドカードということになります。
すなわち、審査がある程度厳しく、年会費も高めだということです。


しかし、審査が厳しいというのはすなわちあなたの信用につながるわけですし、年会費が高いということはサービスが充実しているということの裏返しでもあります。それゆえに今でも高い人気を保っているわけですね。


ここでは、自分から申し込みが出来るゴールドカードの中でもステイタスがあると言われているゴールドカードを中心にご紹介します。



ステイタスのあるゴールドカードを持つメリット・デメリット


【メリット】

1、ゴールドカードを見せるだけで高い信用を人に与えることができる

2、海外旅行傷害保険などのサービスが充実し、これ一枚で安心

3、ゴールドカードデスクの24時間対応やレジャー予約対応が秀逸


【デメリット】

1、アメックスやダイナースのブランドなので、庶民的な店では使いにくい
  もう一枚VISAなどの決済カードは必要

2、年会費が高め


ステイタスのあるゴールドカードが合っている人


1、出張や接待など仕事上でゴールドカードを使うことが多い人

2、海外出張や海外旅行、接待などが多い人

3、人と違う一ランク上のゴールドカードを持ちたい人


ステイタスのあるゴールドカードを探す

ステイタス度はNo1

ダイナースクラブカード


ダイナースクラブカードのステイタスが高いと言われる所以は審査基準のハードルの高さにあるといわれています。

通常のゴールドカードでは一番厳しい「年齢33歳以上の方、勤続10年以上の役職者または自営10年以上の方、自家保有の方」という申し込み条件が課されています。これを見てもステイタス度の高さは一目瞭然です。

ただ、あまりにも高すぎるとのことで、キャンペーン中は「27歳以上」などという特例が設けられることも多いですし、「原則」とのことなので例えば自家保有ではない方でも審査に通る方も多くいらっしゃいます。それでも十分ステイタス度は高いですね。


サービスで見れば、

●海外国内旅行傷害保険  1億円

●ショッピング保険     500万円

●空港ラウンジ利用が海外50箇所、同伴者2名まで無料利用
 (ヨーロッパ中心)

●クレジットカード限度額なし


と申し分ありません。まさにステイタスの中のステイタスカードです。
今なら初年度年会費無料なので、ダイナースクラブカードが自分に合っているか一度試してみることも可能です。特にヨーロッパで強いといわれています。

本物を知る大人のための極上の一枚 【ダイナースクラブカード】


アメリカに行くなら欠かせない

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード


アメリカン・エキスプレスアメックスは特にアメリカではステイタスカードとして欠かせないものです。

例えば高級百貨店などでクレジットカードはアメリカンエキスプレスカードしか使えない場所があったりします。日本でもCMなどでよく宣伝されていますし、ステイタスカードとしての説明はここでしなくても皆様もよくご存知でしょう。

アメリカンエキスプレスにはグリーン(緑)のカードとゴールドカードがありますが、ステイタスを求めるのであればアメリカンエキスプレスゴールドカードをおすすめします。

申し込み可能年齢は25歳からとヤングエグゼクティブの方も入会可能なので、若いビジネスマンが信用をつける意味で持つ場合も多くあります。アメリカ出張の際に人前で使うと「おおっ!」という顔をされますよ。


もちろんサービスも充実しています。

●海外国内旅行傷害保険  1億円

●ショッピング保険     500万円

●空港ラウンジ利用が国内13ヶ所、海外2ヵ所(ホノルル、韓国)

●帰国時に空港からスーツケースを無料で運んでもらえる「ストレス
 フリー」サービス


などがあります。
アメリカによく行かれるのであればかなりおすすめです。

揺るぎない安心とステータス。アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード


世界中の空港ラウンジが使える

《セゾン》プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード


<<セゾン>>プラチナ・アメリカン・エキスプレスカードは(株)クレディセゾンがアメリカンエキスプレスの提携カードとして発行するプラチナカードです。

プラチナカードとはゴールドカードの上位カードとして位置し、ステイタス度の高いゴールドカードというべきものです。申込資格こそ「学生・未成年を除く電話連絡の取れる方」となっていますがクレジットカードの限度額も最高300万円と高く設定され、ステイタスカードといってもさしつかえありません。先にご紹介した「アメリカンエキスプレスゴールドカード」と比較して検討する方も多いようです。


このセゾンアメックス、一番のサービスの売りが500もの世界中の空港ラウンジを使い放題だということにあります。
これは、「プライオリティパス(Priority Pass)」がサービスの中に含まれているからです。

Priority Passとは世界500箇所の空港ラウンジが利用できるパスのことです。

通常のゴールドカード(VISAやMASTERなど)の空港ラウンジは日本国内とせいぜいハワイや韓国ぐらいです。ダイナースクラブカードは世界中にありますが、それでも全部で60箇所、そのうち海外の空港ラウンジはロンドン、フランクフルト、ウィーン、ニューヨーク、台北、ソウルなどとなっています。


プライオリティパスであればアジアからヨーロッパ、南北アメリカ、アフリカ等さまざまな空港ラウンジを利用できるので、とても便利なのです。
しかも、このパスを自分で単体で申込むと399米ドルなのに、セゾンアメックスの年会費は21000円と破格です。


世界中飛び回っている方にとっては垂涎のクレジットカードですね。


その他のサービスも

●海外国内旅行傷害保険  5000万円

●ショッピング保険       300万円

●24時間セゾンラウンジが利用可能


などがあります。
通常のゴールドカードの保障にプライオリティパス使い放題!使いようによっては十分元がとれそうです。もちろんアメリカンエキスプレスブランドとして使えます。


《セゾン》プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード


スポンサードリンク

【ゴールドカード比較キーワード】 年会費1万円以上  年会費1万円未満  ステイタス欲しい  即日発行  車利用多い  ヤングゴールド  初年度年会費無料ゴールド  独身女性向け  キャラクター付  女性向け
【ゴールドカード名(年会費一万円以上)キーワード】
三井住友VISAゴールドカード  JCBゴールドカード  NICOS(ニコス)ゴールドカード  アメリカンエキスプレスゴールドカード  アメリカンエキスプレスカード  シティゴールドカード  UFJゴールドカード  JCBドライバーズプラスカード  ノースウエスト/シティワールドパークスVISAゴールドカード JAL JCB CLUB-Aゴールドカード  アメリカン・エキスプレス ビジネスゴールドカード  <<セゾン>>プラチナアメリカンエキスプレスカード  三井住友VISA一体型ETCゴールドカード  ANAカード ワイドゴールドカード JCB   ANAカード ワイドゴールド VISA (三井住友提携)  DCゴールドカード  ダイナース・クラブ・カード  ノースウエスト・ワールドパークス/ダイナース・クラブ
【ゴールドカード名(年会費一万円未満)キーワード】
三井住友VISAゴールドカード20's UFJヤングゴールドカード DCゴールドカード ヴァン セゾンアメリカンエクスプレスカード UFJスヌーピープレミオカード イオンゴールドカード シティエリート 東急TOPゴールドカード 東急ClubQポイントTOPゴールドカード MTV シティ ゴールドカード



2006年10月20日 12:01

ゴールドカード比較サイト。プラチナカード・ブラックカードも紹介。ゴールドカードの上手な選び方・使い方をアドバイス。